ウイニングポスト7の概要:PSP「ウィニングポスト7 2010」プレイ日記

ス ポンサードリンク

ウイニングポスト7の概要


特徴

オグリキャップナリタブライアンディープインパクトなどの実在馬が登場!

お守りという概念があり、お守りを消費することで史実馬を入手できる。

史実馬は強さに応じて金、銀、銅、赤のお守りを持っていないと、庭先取引ができないようになっている(セリであれば不要なほか、お守りが不要な史実馬も存在する)。

また、金のお守り複数を使用して海外馬カードを入手すれば、サンデーサイレンスなどの有名な史実海外馬を購入して所有することも可能である。
また、サードステージなどの、いわゆるスーパーホースも史実馬と同じ扱いとなっている。

○1984年度から史実に基づいたプレイ、または、現役競走馬がすべて引退した後の状態(2011年以降)でゲームを開始することも可能(レースは必ず史実通りになるとは限らない)。

馬主タイプ

馬主タイプはノーマルタイプ大牧場タイプの2種類がある。

ノーマルタイプでは初めは牧場を所有しておらず、条件を満たすことで後に建設することができる。

大牧場タイプでは牧場を所有しているが、史実馬の購入はできない。

なお、現役競走馬が引退した後の状態での開始ではノーマルタイプしか選べない。

難易度

EASY」、「NORMAL」、「HARD」、「EXPERT」の4段階があり、それぞれ順に難易度が高くなっていく。

プレイヤーの所有馬の能力に変化はなく、ライバル馬の能力が難易度順に高くなっていく。

モード

史実馬が史実通りの年に登場するAモードと、ある程度史実に基づくが、ランダムで登場年数が変わるBモードがある。




基本情報

検索

更新履歴

BBS・掲示板

22行までしか書き込めないので、ご注意下さい。


おすすめ商品


プロフィール

キーワード

ニックネーム:TAKAMAGAHARA

出身地:大阪

血液型:O型

年齢:30代のおっさんです^^;

好きな馬:ミスターシービー

ウイニングポストシリーズは、1からほぼ全てプレイしています。

小学生の頃から、父の影響で、競馬にはまり、特にミスターシービーに熱狂しました。

ところが、意外にも、生涯で馬券を買ったのは、1回のみです。

馬券よりも、競馬そのものが好きという感じです。

WP7は、PS2で2007年版をやっていました。

2010年度版発売ということで、PSPでプレイすることにしましたが、ゲーム内で、ミスターシービー系を確立することが目標です。

日々のプレイを、気の向くままに、書き綴っていくブログですが、どうか、気楽に見てやって下さい。


キーワード

アクセスランキング

ページランキング

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。