1984年:PSP「ウィニングポスト7 2010」プレイ日記

ス ポンサードリンク

1984年


相馬蘭子から貰える馬

ほぼ、シンボリルドルフで決まりでしょう。

クラシック3冠はまず、間違いなく達成しますし、普通にG1を走らせれば、金の像で殿堂入りも確実です。

次にミスターシービー

シンボリルドルフには劣りますが、金の像で殿堂入りは可能です。

すでに、クラシック3冠を達成しているので、G13勝していることになります。

後、G15勝必要となりますが、まず、ドバイシーマクラシック(3月5週)を走らせ、次に天皇賞・春(5月1週)を走らせます。

ミスターシービーの適正距離は3000mまでとなっていますが、天皇賞・春は届きます。

その後、タタソールズゴールドC(5月5週)→宝塚記念(6月4週)→なんらかの海外G1(C.L.ハーシュ記念ターフ選手権あたりが狙い目)→天皇賞・秋(10月5週)→ジャパンカップ(11月4週)→有馬記念(12月4週)。

以上のようなローテーションを組めば、そのうち5勝はしてくれると思います。

Aモードだと、有馬記念で、シンボリルドルフに負けることが多いですが、Bモードだと、勝てる可能性は高まります。

有馬記念後は引退させること。

5歳時はさすがに衰えているので、シンボリルドルフにはかないません。

次にニホンピロウィナー

短〜マイル路線は、独壇場。

成長は遅めなので、5歳時も活躍してくれます。

海外G1も含めて、短〜マイルのG1を走らせれば、金の像で殿堂入りも可能です。

次にカツラギエース

正直、微妙なところです。

成長は遅めで、5歳時も活躍しますが、シンボリルドルフにはかないません。

4歳時に、ミスターシービーは毎日王冠から始動するので、それまでにできるだけ、G1を勝ち取らなければなりません。

勝てるところは、ドバイシーマクラシック、タタソールズゴールドC、宝塚記念あたり。

その後、なんらかの海外G1、天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念と進むことになるかと思いますが、天皇賞・秋はミスターシービーに獲られることが多く、有馬記念はシンボリルドルフに獲られてしまいます。

Bモードにすれば、天皇賞・秋、有馬記念を勝つ可能性は高くなりますが、金の像での殿堂入りは、まず、無理でしょう。

次にアンドレアモン

国内ダートG1を、ほぼ総ナメしてくれます。

川崎記念→フェブラリーS→かしわ記念→帝王賞→南部杯→JBCクラシック→JCダート→東京大賞典というローテーションを組みます。

成長は遅めで、5歳時も活躍するので、金の像で殿堂入りも十分、可能です。

次に牝馬ですが、どれを選んでも、銅の像で殿堂入りがいいところでしょう。

古馬では、ダイナカールシャダイソフィア

後にエアグルーヴ確保のために、ダイナカールを選択する方がいいかもしれません。

3歳馬では、キョウワサンダーダイアナソロントウカイローマンの3頭となりますが、ダイアナソロンが一歩リードしている状態。

しかし、牝馬3冠は、少し難しいでしょう。

最初のセリ

牡馬では、ミホシンザンシリウスシンボリサクラユタカオーの3頭からとなると思いますが、ミホシンザンが一歩抜けた状態。

うまくいけば、クラシック3冠も十分、狙えますし、金の像で殿堂入りも可能です。

Bモードにすれば、シンボリルドルフが5歳時も日本にいますが、シンボリルドルフにも勝てる存在です。

シリウスシンボリは、Bモードにしないと、ミホシンザンが日本ダービーに出走してくるので、皐月賞、ダービとも勝てない恐れがあります。

ここを勝てないと、4歳時もタイトルを手にすることは難しいと思われるので、あまり、おすすめできません。

サクラユタカオーは、成長が遅めなので、本格化は4歳時になると思います。

マイル〜中距離のG1が狙い目となりますが、やはり、ミホシンザンほど、G1はとれないでしょう。

一方、牝馬は、エルプスノアノハコブネリワードウイングタカラスチールと混戦状態。

強いていえば、タカラスチールが、スプリント・マイル路線で活躍が期待できますが、殿堂入りは難しいかもしれません。

それより、以外と盲点なのが、ノアノハコブネ

自己所有すると、何故か、よく走ることが多いです。

牝馬3冠も十分に狙えます。

以上から、最初のセリは、ミホシンザンの一択となるかと思いますが、次点として、ノアノハコブネも挙げておきます。

お守りでの購入馬

ニッポーテイオーメジロラモーヌフェートノーゼンの3頭は、必ず手に入れること。

ニッポーテイオーは、本格化するのは、3歳後半からですが、マイル〜中距離路線で活躍し、マイルでは、ほぼ、独壇場。

金の像で殿堂入りは、確実です。

メジロラモーヌは、まず間違いなく、牝馬3冠達成できます。

金の像で殿堂入りも可能です。

フェートノーザンは、国内ダートG1をほぼ、総ナメしてくれます。

金の像で殿堂入りも、確実でしょう。

あと、出来れば、海外馬カードで、ダンシングブレーヴを購入してもいいでしょう。

欧州3冠は狙えますし、金の像で殿堂入りも確実です。

ただ、コストがかかるので、無理に購入しなくてもよいかと思います。

8月の幼駒セリ

特に、購入する必要はないと思いますが、強いて挙げるなら、ユーワジェームスコーセイ

ユーワジェームスは、皐月賞、ダービーを狙えないこともないですが、サクラスターオーを購入すれば、事足ります。

それより、サマー2000シリーズ優勝を目指して、銅のお守りをゲットしにいく方がよいかと思います。

コーセイも、牝馬3冠を目指すことになると思いますが、マックスビューティタレンティドガールには劣ります。

牝馬限定のG1で1〜2勝してくれれば、御の字というところでしょう。




攻略チャート

検索

更新履歴

BBS・掲示板

22行までしか書き込めないので、ご注意下さい。


おすすめ商品


プロフィール

キーワード

ニックネーム:TAKAMAGAHARA

出身地:大阪

血液型:O型

年齢:30代のおっさんです^^;

好きな馬:ミスターシービー

ウイニングポストシリーズは、1からほぼ全てプレイしています。

小学生の頃から、父の影響で、競馬にはまり、特にミスターシービーに熱狂しました。

ところが、意外にも、生涯で馬券を買ったのは、1回のみです。

馬券よりも、競馬そのものが好きという感じです。

WP7は、PS2で2007年版をやっていました。

2010年度版発売ということで、PSPでプレイすることにしましたが、ゲーム内で、ミスターシービー系を確立することが目標です。

日々のプレイを、気の向くままに、書き綴っていくブログですが、どうか、気楽に見てやって下さい。


キーワード

アクセスランキング

ページランキング

アクセスランキング ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。